So-net無料ブログ作成
検索選択

新キャストの紹介ビデオと、Blaine のワードローブの謎 [Glee !]

LaMarcus Tinker(Shane)と Vanessa Lengies(Sugar)の紹介ビデオがリリースされています。これにはエピソード1のシーン(Sugar の歌など)が含まれています。

YouTube で以下を検索。
GLEE - Meet Glee's New Students

Sugar は、glee club の練習室に入ってくるなり、New Directions のメンバーに、「あなたたちがカフェテリアで歌って踊っているのを見たけど、私の方がずっと上手いと思うわ」と言います。彼女曰く、「自分はアスペルガー障害らしい(self-diagnosed、自分で勝手にそう決めているということね)ので、言いたいことが何でも言える」のだそうです。(当然、ジョークにされた自閉症の支持者団体は怒っていますが。)前評判通り、Sugar はひどいオンチでした。ビデオの中で Jane Lynch は、「あれだけ下手に歌えるというのは、かなり上手い証拠」と言っています。Vanessa Lengies 本人は、別のインタビューで「下手に歌うのに練習が必要だとは思わなかった(それくらい大変だった)」と言っていました。また、撮影初日に LaMarcus Tinker という「一緒に転校してきた生徒」がいて心強かった、と言っています。

Shane の方は、ビデオからお分かりのように、いきなり Mercedes とラブラブのボーイフレンドとして登場します。JBI に「将来のプランは」と聞かれたMercedes は「彼が私の将来のプランよ」と言います。それに対して Shane は「俺だけが君の将来のプランじゃないよ。君はスターになるんだ」と Mercedes に答えます。Amber Riley は、このビデオの中で、「初対面でいきなりラブラブの演技をしなければならなかった。全然知らない人とそういう演技をするのは妙な感じだった」と話しています。LaMarcus Tinker の方は、「最初から息もぴったり合っていたし、それに Amber は、カメラの前でも普段もとてもキュートだから(問題はなかった)」と言っています。(それを聞いた Amber は、「(彼は)南部出身の男の子よ」と言って笑っています。口がうまいってことかな。)


ところで、今シーズンのBlaine は、シットコム Family Matters の Steve Urkel (これって日本で放送したことないのかな)みたいに、なんとも子供っぽい奇妙な服装になってますが、ひとつ理由として考えられるのは、エピソード2で明かされたんですけど…

特大ネタバレ・アラート!! 知りたくない方は、段落をひとつ飛ばしてその下へ。

Blaine は今年 Junior、つまり、Kurt よりひとつ年下だったんです。たしかに以前、Ryan Murphy がちらっと「Blaine は Senior ではないと思う」といったようなことを言ってましたけどね。(数々の矛盾点には目をつぶって)シーズン2の Blaine を、ただの上から目線ではなくて、ひとつ年上の Kurt に合わせようと背伸びしていた、と考えると、かわいく思えなくもないかも。


下記のサイトに、エピソード2の Blaine の蝶ネクタイ姿の写真があります。このコンセプトがよくわからない…。
(注意:記事には私が内緒にしているネタバレあり。)
http://www.buddytv.com/articles/glee/glee-poll-are-blaines-bow-ties-41973.aspx



tamacocatcat さん
いつもコメントありがとうございます。

izum さん
Glee ファンのお役に立てれば、どのようなかたちでもうれしいです。
もともとは、あまりに頭の中が Glee の情報でいっぱいになっていたので、そのガス抜きのために始めたブログですが、現在目指しているのは、私自身が先シーズン中、日本でまだ放送されていない Glee のストーリーを知りたくていろいろ探し回った経験を踏まえて、新シーズンについて知りたい気持ちを満足させつつ、実際に見たときにストーリーを全部知っていてがっかりすることのないような情報提供をすることです。これはとても難しいことなので、今は、このブログを読んでくださっている方が、実際の番組を見る時までには細かい内容を忘れてしまっていることを願うばかりです。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Glee シーズン3 エピソード2 "I Am Unicorn" 読んだら後悔する Spoilers [Glee !]

まず、本エピソードに関係のない話から。
Shelby Corcoran 役の Idina Menzel は、Private Practice の Taye Diggs と結婚してるって知ってました?ふたりはブロードウェー・ショー RENT のオリジナル・キャストとして知り合ったそうです。


さて、本題。エピソードを見ていませんが、いろいろな情報をもとに想像すると、とても面白そうで、シーズン3のDVDを予約したくなりました。(批評家の意見は様々でしたが。)事細かにお伝えできないのが残念です。

Shelby の登場と Quinn の反応
ネタバレ度 大

Shelby は、パート教師として、もうひとつの glee club を指導するために McKinley にやってきます。(New Directions に恨みを持つお金持ちが資金を出しています。さて、だれでしょう?) プロモにもあったように、Shelby は Quinn と Puck に Beth の人生に関わることを提案しますが、それは、Quinn がもとの Quinn に戻るという条件付きで。Mr. Schue にも「大人になれ」と叱られ、このエピソードの終わりには、Quinn は金髪でドレスの Quinn に戻ります。(早っ。)しかし、それには彼女なりの考えがありました…。

ところで、Dianna Agron はエミー賞のとき金髪だったけれど、式典のために染め直したのかと思ってましたが、もうそのときには金髪に戻ってたんですね。(このエピソードの撮影は、8月中には終わっていました。)それから、この展開を考えると、やっぱり Pendleton は McKinley のチームではないみたいですね。


Kurt の選挙運動をなぜ Brittany が応援することになったか
ネタバレ度 やや大

エピソードのタイトルにもある「ユニコーン」は、Brittany によれば、ユニークで特別(magical)な存在で、自分がそういう存在であることを自覚していて、しかもそれを恐れず堂々と表現できる人。Kurt は、「去年はいろいろ大変だったけど、その中でも自分が特別な存在であることを忘れなかった」、だから彼の選挙の応援をしたい、ということです。もちろん、このままスムーズに事は運びませんけどね…。(追々ストーリーを明かしていくことになると思います。)


スクール・ミュージカルのオーディション
ネタバレ度 大

Kurt のオーディション・シーンで、Chris Colfer が琉球古武術の「さい」を操るところが見られるということです。楽しみ。ところで、Kurt のオーディション・ストーリーのポイントは、誰も彼が「男らしい」役ができるとみてくれないところです。そして、Blaine は Kurt のためにわき役でオーディションを受けるのですが、審査員であるミュージカルのディレクターたちが Blaine を気に入って、主役をやらないか、と誘います…。
どうする、Blaine?

この展開で、Glee 1年目にあった、Ryan Murphy v.s. Newsweek の一件を思い出しました。(Newsweek が、アウトしているゲイの俳優に、見ている人が納得するようなストレートの役はできない、という記事を載せて、それに反発した Ryan Murphy がコメントを出し、Newsweek のボイコットにまで発展した騒動。当時、結構メディアを賑わせました。) ここでの Ryan Murphy のメッセージはどういったものなのでしょうね。両方の意見をたてた、ということ?

みんなに受け入れてもらえないことで、Kurt はがっかりして、お父さんに、自分は「ユニコーンでいることが嫌になった」と言います。そのとき、昨日ご紹介したセリフを含めて、おまえは特別な存在なんだ、それでいいんだ、と励まされます。
Burt: You know what they call a unicorn without a horn? A frigging horse.
(角のないユニコーンが何だか知ってるか?ただの馬だぞ。)
どうする、Kurt?


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シーズン3エピソード2 "I Am Unicorn"のストーリーライン、プロモ、曲目(Spoilers!) [Glee !]

まず訂正です。今まで Mercedes のボーイフレンドを"Marcus"と呼んでいましたが、実は"Shane"でした。

それから、シーズン3の新情報。大ネタバレ・アラート(Klaine に関する話)

なんと、Klaine を壊そうとする男の子が登場するそうです。名前は Sebastian、ゲイの Warbler で(ということは、Warblers はまた登場するんですね)、かなりのワル(男版の Santana って言われてた)、いろいろな策略を使って Blaine に近寄ってくるという噂。キャスト募集にあったイケメンの歌のうまい男の子って、この役だったんですね。エピソード5から登場するそうです。この役の Grant Gustin は、舞台俳優。ミュージカルに出ています。彼の写真を見たい人は以下へ。(今頃大勢の人が Google してるだろうなあ。)
http://www.imdb.com/name/nm2652716/


さて、エピソード2には、以下の4つのメイン・ストーリーがあります。(現時点でアメリカ本土では放送が終わっているので、ちょこちょこと番組の内容が出てきていますが、細かいネタバレは、次回の「読んだら後悔する Spoilers」に…。)

1. Shelby Corcoran 登場

2. Mr. Schue のダンス・レッスン
以下のプロモにちらっとダンス・レッスン(boot camp)のシーンがあります。
YouTube で以下を検索。
GLEE - Promo of "I Am Unicorn" airing TUE 9/27 at 8/7c!

3. Kurt の選挙運動

4. スクール・ミュージカルのオーディション
ネタバレ度 やや大

とりあえず、まだミュージカル名は伏せておきますが、オーディションの曲名から分かってしまうかも(ただし、全部同じショーからの歌ではありません)。今回オーディションを受けるのは、Rachel、Kurt、Blaine です。そんなわけで、エピソード2の歌はブロードウェー一色のソロ3曲(Rachel は、お母さん Shelby とのデュエット)。いろいろなタイトルで YouTube に投稿されていますが、イメージがかわいかったので以下にしました。

"Something's Coming" by Blaine Anderson
YouTube で以下を検索。
Glee - Something's Coming 3x02 FULL SONG HQ

"I'm the Greatest Star" by Kurt Hummel
YouTube で以下を検索。
Glee - I'm The Greatest Star 3x02 FULL SONG HQ

"Somewhere" by Rachel Berry and Shelby Corcoran
YouTube で以下を検索。
Glee - Somewhere 3x02 FULL SONG HQ


(少しだけ)別バージョンのプロモもあります。上記のプロモとの重複部分を含めた一部を解説しますね。(Sue のセリフには前置きの話があって、ちゃんと説明すると長くなるので省略。)
プロモは、YouTube で以下を検索。
Glee 3x02 - "I Am Unicorn" Promo (HD)

Quinn は、Shelby に「私を苦しめるために赤ん坊を連れてきたの」と言い、Shelby に、「あなたには Beth の人生に関わってもらいたいと思っているけれど、こんな姿じゃだめよ」と言われます。

Kurt はお父さんに、以下のように言われます。
"You sing like Diana Ross and you dress like you own a magic chocolate factory."
「おまえの歌い方は Diana Ross みたいだし、服装は魔法のチョコレート工場のオーナーみたいだ」
(Kurt をいつもサポートしているお父さんなので、きっと文脈があるんでしょう。私は、このミュージカルの役のことはよく知らないけれど、印象では、Kurt というか Chris Colfer に似合ってないこともないと思うんだけどな。)

そして Brittany の勘違いシリーズ
Teacher: What's the capital of Ohio? 
(オハイオのキャピタル(首都)は?)
Brittany: O
(首都のキャピタルを、頭文字のキャピタルと勘違いしています。でもこれ、質問の答えとしては間違ってないよね。)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Darren Criss のインタビュー Part 4 [Glee !]

昨日はちょっと体調が悪くて中断してしまいましたが(別に言い訳することもないような気がするけど)
これが最終回です。

Q: Darren の音楽的影響は、Blaine とどう違いますか?

Darren: さあ。Blaine が好きな音楽は知らないから。僕は Blaine が歌う曲を知ってるだけ。作曲家として、それにミュージシャンとして、僕は…これは、あたりさわりのないように言っているんじゃなくて…僕は万物に芸術性が宿っていると信じているから。庭に置く小人の人形にも、椅子にも、交響曲にも、アンディー・ウォーホールの絵にも。この世のあらゆるものに芸術があると思っているから。音楽の複雑さについてあまりよく知らない人たちは、商業的だからという理由でポップ・ミュージックを軽く見るけれど、(ポップ・ミュージックにも)信じられないくらい多くの努力が注ぎ込まれているからね。

僕は、あらゆる種類の音楽が好き。それが僕の仕事だし。ミュージシャンとして、あらゆるハーモニーに価値があると思っているから。とにかく音楽が好きなんだ。個人的には、僕はオールディーズを聞いて育った。特にイギリスからやってきたポップ・ミュージック。今まで何度も繰り返しカバーされているような曲全部。それと、モータウンと、歌の本に載っているようなスタンダードなアメリカの歌も好き。だから、古めの曲が結構好きだけど、特にそれに限っているわけでもない。

僕らは、iPod世代で、だから Glee が人気があるんだ。みんなプレイリストを作るよね、そのプレイリストに、Barbra Streisand と Tupac と Lady GaGa と Nirvana が入っていても全然変じゃない。なぜかというと、僕らはいろいろなものに魅力を感じるし、興味の幅が広いほうがクールなんだ。何かひとつのものにこだわる必要はない。

僕らは ADD(注意力欠陥障害)世代なんだ。これは、年齢的なことを言っているんじゃなくて、僕らはみんなその一員。5歳でも50歳でも。なぜかというと、今は本当にいろいろな種類の音楽に接することができるから。50年代の音楽を聴いて、60年代のファッションで、70年代の映画を見に行って、80年代のアートのファンだったりできる。いろいろな自分の表現の仕方があるんだ。…いいかげんこの辺でインテリ風の話はやめるよ。話をまとめると…質問はなんだったっけ?

Q: Darren の音楽的影響は、Blaine と違いますか、ということでした。

Darren: そんなに違わないと思う。どの曲も歌っていて楽しいから。

Q: これは絶対歌いたい、という曲は何ですか?

Darren: 僕は、好きな歌を歌わせてもらってすごくラッキーだし、与えられる立場の人間は選り好みできないからね。僕が歌わせてもらえるっていうこと自体が信じられないくらい。もうこれで十分。だから、これは絶対歌いたいという曲はない。昔のモータウンの歌は歌ってみたいけど、でも別にこだわらない。

それに Warblers のアレンジはとてもユニークで、どの曲もオリジナルなものになってる。だから、僕に歌を与えてくれたら、僕はそれだけで満足。

Q: 自分の(作った)曲を Glee で演奏することについては、どう思いますか?

Darren: 頼まれたら、もちろんやるよ。もし頼まれたら喜んでやるけれど、それは、もしそういう話になったらその時は、ってことだけどね。(終わり)


まあ、Darren は若いからiPod世代っていうのがピンとくるかもしれないけど、私はiPod世代じゃないし、どちらかというと音楽の好みの幅も狭い方ですが、Glee が大好きなので。みんないろいろと成功の理由を考えているんでしょうけど(コピーしようと思ってね)、私は計算外のアクシデントみたいなものなんだと思います。だから、たぶん真似しようとしてもできないんじゃないかな。

次回は、エピソード2のプロモをご紹介します。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Darren Criss のインタビュー Part 3 [Glee !]

Q: 他のキャストから学んだことはありますか?たとえば、Matthew Morrison とか。

Darren: Matt から学んだことは何もないよ。Matt は頭悪いから。ウソ、ウソ、冗談。僕は Matt の大ファン。特に学ぼうとしなくても、こういった才能のある人たちと一緒に仕事していると、自然と吸収するものがある。とてもいい刺激になる。僕は一番新しく参加したキャスト・メンバーなんで、まだ新米。Glee kids は、みんな本当に熱心に仕事に取り組んでるよ。

Q: 最初から長期にわたってこの番組に出るつもりでしたか?

Darren: どうかな。最初は、1エピソードだけ出て、その後は必要があれば呼ばれる、というかたちだった。実際にそれで十分満足なんだ。僕の Glee に対する姿勢は「望みは高く、期待はせず」だから。自分に何かを要求する権利があるとは思っていないし、こんなすごい幸運に恵まれたのだから、これ以上を当たり前のように期待するのは、おかしな話だと思う。

(Glee は)僕が主催するパーティーじゃないから。自分はこのパーティーに呼ばれてるだけ。(パーティーで)みっともないことをしないように気を付けて、パーティーを楽しんで、呼んでくれた人たちに礼儀正しく接して、すぐに追い出されないように願ってるだけ。だから、答えは、ノー。そんなつもりは全然なかった。ただ、(今は)サプライズとうれしいことがずっと続いているという感じ。

Q: Blaine は McKinley の生徒になると思いますか?

Darren: ならないでくれたらいいと思う。Glee の1ファンとして、Dalton はとても番組にプラスの存在だと思うし、視聴者の受けもとても良いから、(Dalton を)なくす必要はないでしょ。でも、もちろん僕はひいき目に見ているからね。Warbler を演じるのが好きだし、それに、今度は他の Warbler たちにスポットライトを当ててもいいんじゃないかと思う。彼らにはみんなスターの素質があるんだ。みんなすごい才能がある。

彼らの歌を聞けないのは、本当に残念。みんな素晴らしいシンガーでダンサーでアクターだから。彼らにスポットライトが当たるチャンスがあったらいいと思うし、彼らが中心のストーリーになるなら、僕は喜んで後ろに引っ込むよ。

なんて言ったらいいかな、それに、(Blaine が McKinley に転校するのは)当たり前過ぎて面白くないような気がする。(Blaine が Dalton にいることで)Ohio 州 Lima には別の学校もあって他の人たちもいるということになるし、(McKinley の)他にもストーリーの可能性がある方がいいんじゃないかな。McKinley には転校したくないな。

Q: Dalton の制服が好きなだけなんじゃないですか?

Darren: もちろん。大好きだよ。

Q: それに、Dalton ではスラッシーはかけられないですしね。

Darren: そう、かけられたことはないね。確かに。さっき言ったように、ユートピアの完璧な社会だから。僕にスラッシーかけるようにはプログラミングしてないからね。…(続く)


次回が最終回です。
以下は、シーズン3エピソード2からの写真。シーズン3のプロモでも、エピソード1でも思ったんだけど、なんで Blaine は石田純一しているんだろう…。
http://blog.zap2it.com/frominsidethebox/2011/09/sneak-peek-glee-i-am-unicorn-pics-shelbys-back.html


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Darren Criss のインタビュー Part 2 [Glee !]

昨日の続きです。


Q: Blaine と Kurt は、これからはずっとハッピー・カップルになるんですか?

Darren: さあ。今のところ仲良くやっているけど、これからは分からない。でも、今はそんな感じ。間違いなくハネムーン状態。みんなの期待通り、2人がようやくカップルになったところだし。

Ryan Murphy は、もしこの2人が付き合うことになるとしたら、どのカップルにでもあるように、欠点とか脆いところとか、そういったものがあるカップルにしたいし、またそうあるべきだ、と言っていたから、そういう展開になってほしいと思う。これからも、お互いから学んで、一緒に笑って、泣いて、愛してほしいと思う。この関係がクールなところは…、ゲイ・ティーンのカップルだっていうのは言うまでもないことだけど…

それはオマケみたいなもので、このカップルの一番素敵なところは、みんなが応援している2人のキャラクターの、どちらかというとごく普通の関係だということ。(このあとの一文の「ここで起きていることは、必ずしもみんなが考えているようなことではない」の「みんなが考えているようなこと」が何なのか分からないんですが、ここで言いたいことを勝手に推測すると、「このカップルがクールなのは、他のティーンのカップルとは違って特別だからじゃなくて、逆に、違っていそうなのに実は他のカップルと変わらなくて普通だから」というようなことかなと思います。個人的な意見で付け加えると、この「普通」というのは、テレビドラマで普通ということなんだと思いますが。)

このままの普通の感じで(関係が)続いてくれればいいと思う。これからどんなことが待ち受けているかは分からない。僕が思うのは、そろそろ他の登場人物と彼らの関係に焦点をあてる時期なんじゃないか、ということ。Glee は、アパートで4、5人が何かしているような番組ではなくて、14、5人の学生がいて、みんなにそれぞれ面白いストーリーがあるんだから、いろんな可能性があると思う。1ファンとして、みんながどうなるか見てみたい。Blaine の話はもう十分あったから。Blaine はずっとラッキーだった。僕はずっとラッキーだったので、もうこれ以上(自分のストーリーをもらうの)は、申し訳ないような気がする。

Q: 若いゲイの人たちからフィードバックがありましたか?

Darren: もちろん。それは予想していた通り。でも、予想通りだからと言って、感動や価値が減るわけじゃないけど。当たり前の理由で、ゲイ・コミュニティーからはとても好意的に受け入れられているけれど、クールなのは、こういうコンセプトにあまり触れたり、影響を受けたりしたことがなかった世界各地の人が手紙やEメールを送ってきて、彼らのものの見方が変わった、と言ってくること。

僕が言いたいのは、ゲイだとかストレートだとか、宗教だとか、そういうことに限ったことではなくて、もっと一般的なこと。このテレビ番組の影響で、誰かの他の人を判断する基準だとか人間関係を判断する基準だとかが(ポジティブなものに)変わるというのは、ほんとうに感動的な経験なんだ。これを僕がクールだと思う理由は、(Glee の)影響が、もともと目指していたところより、ずっと遠くまで及んでいるから。いや、これはちょっと違うかも。(Glee は)単なるテレビ番組の枠を超えている。それが、この番組のキャストの1人である醍醐味なんだ。個々のパーツを足したとき、単純に足し算したよりはるかにすごいものになっている。…(続く)


まだ続きます。

Darren は、「アパートに4、5人いるような番組」ということを他でも言っているんですけど、フレンズとか The Big Ban Theory とかを想像しているのかな。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Darren Criss のインタビュー Part 1 [Glee !]

Darren Criss の Glee についてのインタビューをご紹介したいと思います。以前の別のインタビューで、Darren は昔、仕事で一晩何時間も弾き語りをしていた、という話をしていたけれど、トークの方も、話そうと思ったらいつまででも話していられる人みたい…。これはインターネットに最近ポストされたんですが、インタビュー自体は結構前のものだと思います。ひょっとしたらツアー中のものかな?
(彼は発想が飛躍するし、自分の世界で話しているような感じなので、訳すのが結構チャレンジングなんですが、なんとか雰囲気が出せるよう努力します。)
http://www.digitalspy.co.uk/ustv/s57/glee/interviews/a338944/glee-darren-criss-interview-i-dont-want-blaine-to-join-mckinley.html


Q: Glee 出演は、どんな経験でしたか?

Darren: 僕の視点は他のキャストとは違っていて、なぜかと言うと、ほかのキャストはもう3年近く(Glee の)仕事をしているけど、僕は Glee に加わってまだほんの数か月しかたっていないから。(Glee に参加する前は)僕は、失業中の売れない役者で、Glee っていう番組がすごく人気を集めていたのを外から眺めていたから、いまだに時々自分のことを他人みたいに見て、「おまえがあの Glee に出てるの?ほんとに?」って思うことがある。とても謙虚な気持ちにさせられるし、不思議でもあるし、超現実的な感じもするし、奇妙だし、それにとても楽しい。だけど、この環境に慣れきってしまうことはなくて、いまでも毎朝、「あ、ごめんね」なんて言って他のキャストの写真を撮ったりするんだ。一緒に仕事していて、今ではみんな友達なのに。

僕がこの番組に参加したかたちは特別で、学校(McKinley)に突然放り込まれて、「じゃあ、みんなと仲良くしなさいね」っていうんじゃなくて、言ってみれば、新しいグループ Warblers と何もないところからスタートしたようなものだった。(前からのキャストで)関わりがあったのは Kurt 役の Chris Colfer だけだったしね。僕ら(Warblers)にとっては自然発生的な新しい経験だった。僕たちがほかの Glee kids と会う機会があったのは、Regionals のときとか、ストーリー上、一緒になるときだけだったので、結構最近まで、彼らと会ったり、知り合ったりする機会がなかった。だから、ツアーを楽しみにしてたんだ。一緒に出掛けたりしてお互いをもっとよく知ることができたから。とっても楽しいよ。

Q: Dalton Academy は、世界中のどの学校とも違うユニークな学校ですよね。

Darren: Glee はもともと現実離れした話だから、(見ている人は)全部真に受けてないよね。じゃないと頭が変になるから。でも、(Dalton は一見変わったところはなくて)東海岸のアングロサクソン系の私立学校そのもので、言ってみれば Dead Poets Society*1 みたいな感じかな。

面白いのは、Dalton は怪しいユートピアみたいなところだということ。誰もがお互いのことを大好きで、すべてが完璧で、みんな人種や年齢や、そういうことを一切気にしない。なんでもOKで、みんなお揃いのブレザーを着て、完璧なハーモニーで歌う。まさに地球上で最も調和のとれた学校なんだ。

これを説明する唯一の方法は、僕が考えるに、Blaine は・・・彼は、前の学校を辞めて Dalton に来たって言ってたよね、Dalton は、Lord of the Flie*2 みたいなんだ。ここには大人は誰もいなくて、子供だけしかいない。ここで Blaine は奇妙な独裁権を持っていて、すべてを支配している。Blaine は、マッド・サイエンティストで、前の学校を辞めて、…Stepford Wives*3 って知ってる?Dalton は、Stepford Boys みたいなものなんだ。

Blaine は、彼の理想の信奉者で、彼の好きな歌を完璧なハーモニーで歌って、彼の命令にはすべて従うハンサムな男の子たちのロボットで自分の周りを取り囲んでいる。Blaine が学校全体を仕切ってるんだ。彼が校長でクリエーターで Dalton のすべての支配者で、みんなが彼の思い通りに動くようにプログラミングしている。Blaine が Kurt のことを好きになったのは、実は、Kurt が(唯一の)人間だったからなんだ。…(続く)


まだまだ続きます。「独裁者 Blaine」というのは私も感じていました。Warblers はみんな Blaine に洗脳されてると思ってた。Kurt と話すときも、たいてい「上から目線」だったしね。

*1 Dead Poets Society 「いまを生きる」
ロビン・ウィリアムスが先生をしていた映画ですね。 Dalton の雰囲気がこの学校に似ている…かな。

*2 Lord of the Flies 「蝿の王」
飛行機が墜落して、13歳を一番年上に幼い男の子たちが無人島に取り残され、自分たちでコミュニティーを作り、そのコミュニティーがだんだん崩壊していく話。ちなみに、"Lord of the Flies"は、"Beelzebub"を英語に直訳したもの。"Beelzebub"は、悪魔と同義語らしいのですが(この辺詳しく説明すると長くなるので省略)、これって、「本物」の Warblers の名前ですよね。つながるなあ。(「べるぜバブ」ってアニメ知ってました?これも同じルーツ…らしい。)

*3 Stepford Wives 「ステップフォード・ワイフ」
これは、Stepford という町に移り住んだ女性が、この理想的な町に住む不気味なほど従順な主婦たちが実はロボットなのではないか、と疑い始めて…というスリラーです。


それでは、Hope to see you tomorrow.


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シーズン3エピソード1"The Purple Piano Project" 読んだら後悔する Spoilers [Glee !]

まず、いろいろエピソード1の recap を読んだところ、これまで多少不正確な情報を発信していたことが分かったんですが、放送を見たときのサプライズ、ということでそのままにしておくことにしました。(知ってる通りに話が進むのって、おもしろくないから。これ、ほんと。)

ネタバレの前に、こまごまとした情報を。
もうエピソード3のプレスリリースが出ていました。タイトルは、"Asian F"(これは落第点のFかな)。これと、エピソード2 "I Am Unicorn"については、また来週以降ご紹介します。ところで、"Ding Dong The Witch Is Dead"ですが、Barbra Streisand のアルバムに入っているデュエット(Barbra Streisand と Harold Arlen)版のアレンジなのだそうです。Just so you know...


ここから先は読むな、キケン!…でも、あと何か月も待てる?


"Anything Goes / Anything You Can Do"の Pendleton について。
ネタバレ度 大

"Anything Goes / Anything You Can Do"のパフォーマンスをする Pendleton が Lindsay Pearce のグループというのは、今までのネタバレを総合してお分かりになったと思いますが(以前ご報告した Santana とのデュエットというのは、どうもガセっぽい)、エピソード2から登場する Shelby Corcoran は、このチームのコーチになるために呼ばれるという噂です。(ということは、Pendleton は McKinley の glee club ということになるけれど…。ここのところの情報がやや乱れています。)撮影が再開してすぐの頃、キャストがタップダンスを練習している、という噂がありましたが、Pendleton のパフォーマンスで使われるということです。

Harmony(Lindsay Pearce の役の名前)のパフォーマンスを見て、Rachel と Kurt は、地元ですら上には上がいることを思い知らされます(Kurt: "Rachel, we might be hot stuff at McKinley, but outside the walls, we're not even stuff."「Rachel, 僕たちは McKinley では飛び抜けているかもしれないけど、一歩外に出たら"その他大勢"でしかないんだね」…このセリフを読んで、Pendleton が McKinley のグループじゃないと思ったんだけど…)。シーズン1エピソード1で Rachel が「私は生後3か月でダンス大会で優勝しているのよ」と言っていたのを覚えていますか?今回 Rachel は、Harmony から彼女は生まれる前から演技をしていた、と言われます。(お母さんのおなかにいるときの超音波画像が、Murder She Wrote(ジェシカおばさんの事件簿)に出たのだそうです。)


"It's Not Unusual"のパフォーマンス関連。
"Dancing Cheerios and Exploding Pianos"、あるいは「燃えたピアノの謎」
ネタバレ度 特大

このパフォーマンスのとき New Directions のメンバーや Skanks が周りにいるのですが、このとき Quinn はタバコを吸いながらこれを見ていて、Cheerios がパフォーマンス中にライターオイルをかけたピアノに向かって最後にこのタバコを投げ捨て、それでピアノが燃えてしまいます(燃えているピアノがプロモにありましたよね)。ちなみに、紫のピアノは1台じゃないんです…。


ここまで(前回までのネタバレも含めて)全部読んでしまって、もっと知りたいという方へ。
以下に Klaine のネタバレ・ビデオがあります。Enjoy!
http://www.aoltv.com/2011/09/21/glee-season-3-premiere-recap/
(CM が最初に流れる場合もあります。)

上のビデオでカットされている会話は放送時の楽しみにとっておいて、代わりにコーヒーショップで Kurt が Dalton のブレザー姿の Blaine を説得するために言ったセリフをご紹介します。これって、普通に男の子が女の子に言ったら(その逆でも、同性でも…)、「あんたってストーカー?」って思わないでもないけど、Kurt と Blaine だから許せます。(前半分はプロモに使われていて、以前取り上げましたね。)
"I want my senior year to be magic, and the only way that can happen is if I spend every minute of every day with you."
(高校最後の年は素晴らしいものにしたいと思ってる。でも、そのためには、1日のうち1分でも君と離れていたらダメなんだ。)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Glee シーズン3スタート エピソード1"The Purple Piano Project" [Glee !]

まず、事前のネタバレで間違っていた情報を訂正しますね。

エピソード1では出てこないみたいですが、生徒会長に立候補するのは Kurt で、Brittany ではない、という話です。Brittany は Kurt のキャンペーン・マネージャーになるのだそうです。(後で Brittany も立候補するのかどうかは、まだ分かりませんが…。)


さて、どの程度ストーリーを言ってしまってよいものだろうか…。(ただし、私はこのエピソードを見ていないので、まだガセネタが含まれているかもしれません。)
ネタバレを2回に分けて、次回は私自身のシーズン2の経験から判断した「読んだら後悔する Spoilers」をご紹介しようかと思います。

ところで、私事ですが、金曜から月曜まで不在になりますので(残念ながら Glee が見られるところに行くわけではありません)、もし出先でインターネットアクセスできたら、Darren Criss の長~いインタビュー(あまり新しいものではありませんが)を訳したものをいくつかに分けてアップするつもりです。


新情報… Rachel と Kurt が目指す学校
ネタバレ度 軽め

Julliard ではなくて、New York Academy of Dramatic Arts という架空のミュージカル・シアターの学校になったようです。(ちなみに、American Academy of Dramatic Arts とか、New York Conservatory for Dramatic Arts とか、似たような名前の実在の学校がいくつかあります。いったい世界中でどれくらいの人がこの"New York Academy of Dramatic Arts"を Google したかしら。)


バッド・ガール Quinn の話
ネタバレ度 軽め

New Directions を辞めた Quinn は、スカンクス(The Skanks)というワルのグループに入るということです。以前「Sheila」という新キャストが加わる、とされていたのがキャンセルになったみたいなので、それが Quinn になった感じですね。(「80年代初期のマドンナみたいになった」、ってウォールストリート・ジャーナルに書かれてた。)


"It's Not Unusual"のパフォーマンスについて
ネタバレ度 軽め

プロモとエピソード1の曲で分かってしまったと思いますが、これがプロモにあった、Blaine と Cheerios のパフォーマンスだったんですね。Blaine が Kurt のために歌ったみたいです。Klaine is back!


もうひとりの Junior とは?(エピソード1のオープニング・シーンより)
ネタバレ度 大

以下のサイトでオープニング・シーンのビデオが見られます。
http://www.tvguide.com/News/Glee-Boss-Ryan-1037758.aspx?rss=breakingnews&partnerid=imdb&profileid=01

たぶんそうかな、と思っていましたが、もうひとりのJuniorは、Artie でした。JBI に「今年卒業するんだと思ってた」と言われて、Artie は「目の錯覚だよ。車いすに乗ってると1歳老けて見えるんだ」と意味不明の説明をしていました。Mike は、「ハーバードに行くかスタンフォードに行くか、お母さんがまだ決めていない」って言ってました。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

エミー賞レッドカーペット、他 [Glee !]

まず、最近みつけた Glee トリビア・クイズを1問

Glee キャストの中でオリンピックに出場したことがあるのは誰でしょう?(答えは最後に)


エミー賞に出席した Glee キャストの写真がありました。最初、Chris Colfer と Darren Criss はおそろいかと思った。(小さな写真をクリックすると拡大したものが見られます。いろいろなところにレッドカーペットの写真が出ていますが、ここでは Glee キャストの写真をまとめて見られていいかなと思って。)
http://www.celebrity-mania.com/news/view/00021005.html

エミー賞のレッドカーペットで Glee のシーズン3について何かネタバレはないか聞かれた Chris Colfer が「(プレスに)言っちゃいけないことになっている話をバラしちゃうのは Ryan Murphy の得意技だから、Ryan Murphy に聞いた方がいいよ」と言っていたのがおかしかった。(ページタイトルにある、彼が病院に行った話の方は、Tonight Show で話していたことと同じです。あれからまた病院行きになったわけではないのでご安心を。)


エミー賞のオープニング・スキットが YouTube に出ていました。Jane Lynch が歌いながらいろいろなテレビ番組のセットを巡ります。すぐに見てみたい方は、以下で YouTube を検索。
2011 Emmy Awards Jane Lynch Opening

このスキットについては、2週間後に日本で放送されるので内容を詳しくは書きませんが、(以下は Glee に関係ない話ですけど)冒頭で Leonard Nimoy が「テレビ界の大統領」として出てくるところは、本当は Alex Baldwin がこの役のはずだったのですが、最近の Rupert Murdoch のイギリスでの盗聴スキャンダルをその中でジョークにしたら、その部分を FOX がカットしたため(Rupert Murdoch は FOX の大親分)、スキット出演を断ったのだそうです。FOX 側は、(まだ解決していない事件でもあるし)この深刻な事態を軽く考えているととられたくないから、とコメントを出していました。Charlie Sheen が登場したり(Two and the Half Man で番組と大もめにもめて結局クビになって、番組の中でお葬式されちゃいました…)結構話題性のあるショーでした。ショー全体と Jane Lynch の評価は、まあまあ良好だったみたいです(But her dresses were hideous!)。ちなみに、Sue 以外の他の Glee キャストはこのスキットにあらわれませんでした。


Glee シーズン3の情報をちょこっと。

FOX のエミー・パーティーで、Max Adler(Dave Karoskfy)は、Karoskfy はエピソード1には出てこないけれど、そのうちもどってくるし、それもみんな想像がつかないようなショッキングな場面で登場する、と言っていました。でも、それ以上は内緒だそうです。

シーズン3エピソード2のタイトルは、"I Am Unicorn"。(Brittany のスクールフォトに関係してるかな。)このエピソードから、Idina Menzel(Rachel のお母さん、Shelby Corcoran役)が McKinley に登場します。


トリビア・クイズの答え:
Dot-Marie Jones

1988年のソウル・オリンピックに砲丸投げの選手として出場し、6位になったそうです。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。